アプライドタイムス

国内最大級のパソコン大型専門店。最新PCから中古PCまで
幅広くラインナップ!各種テクニカルサポートも充実!

インターンシップ募集

ログインパスワードに代わる?暗証番号でログイン「PIN」とは

 

Windows 10になってよく聞く「ピン」。

 

別で投稿している「ピン留め」以外にも、Windows 8.1以降のOSには、ログイン時に使用するPINがあります。

 

今回は新しいログインの方法PINに関するお話です。

 

 

Windows 10では、ログイン時にパスワードではなく、最低4桁以上の暗証番号を利用する「PIN」という仕組みを利用することが推奨されています。

 

 

「PINはパスワードより安全」と聞くことがあると思いますが、「PIN」って何?って方も多いと思います。

 

 

PINとは、「Personal Identification Number」の略で、日本語に訳すと「個人識別番号」ということになります。スマートフォンで最初に入力するアレと同じです。

 

 

しかし、パスワードの方が文字数が多く、英数字や記号を組み合わせている点では他人に見破られにくいのではないでしょうか?では何故PINの方が安全なのでしょう?

 

 

その最大のポイントは、PINがデバイスと密接に関連付けられている」ところです。つまりPINは、設定したパソコン(スマホ)とセットでなければ使えません。

 

 

最近のパソコンはほぼ全てがネットワークに接続されています。

 

サインインに使っているパスワードが漏えいしてしまった場合、ネットワークを通じてそのパソコンにアクセスしてパスワードを入力すれば、第三者がWindowsにログインできてしまいうことがあります。

 

 

しかしPINの場合は、設定をしたパソコンでないと使用できません。

 

万が一PINが他人に知られてしまっても、そのパソコンを直接操作しない限りログインはできないのです。

 

4桁以上の数字を入力するだけでパスワードよりも安全に使用できるPIN。入力もパスワードより簡単ですので、ぜひ利用していただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コムロード クリスマスセール会場はこちら コムロード クリスマスセール会場はこちら
アプライドネット クリスマスセール会場はこちら アプライドネット クリスマスセール会場はこちら
プレミアムセール
PAGE TOP