アプライドタイムス

国内最大級のパソコン大型専門店。最新PCから中古PCまで
幅広くラインナップ!各種テクニカルサポートも充実!

アプライドグループ 2019年 新卒採用サイトオープン!

あれ!?USB接続機器の充電が切れる?

 

皆様あけましておめでとうございます。

PCショップ店員のです。

今年も一年よろしくお願いいたします。

 

さてさて、今回ご紹介させていただく内容は「充電」です。

 

皆さんはスマートフォンやタブレットなどUSB接続機器をWindows 10のパソコンで充電していたらいつの間にか

 

「あれ?USB機器の充電が切れている?通電していない?」

 

ことありませんか?

 

それ、Windows 10の設定かもしれません!!

 

 

Windows 10では、電力の消耗を抑えるため、パソコンに接続しているUSB機器を一定時間使用せずにいると、自動的に電源が切れるように設定されています。

 

次の手順で、接続しているUSB機器の電源が自動的に切れないように設定できます。

 

※ Windows 10 のアップデート状況によっては、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。

 

★操作手順★

 

Windows 10 でUSB機器の電源が自動的に切れてしまう場合は、次の操作手順を行ってみてください。

 

「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し、表示された一覧から「電源オプション」をクリックします。

 

 

「電源とスリープ」が表示されます。

「関連設定」欄から、「電源の追加設定」をクリックします。

 

 

「電源オプション」が表示されます。

「バッテリメーターに表示されるプラン」欄から、現在使用している電源プランの「プラン設定の変更」をクリックします。

 

ここでは例として、「LAVIE」の「プラン設定の変更」を変更します。

 

 

「プラン設定の編集」が表示されます。

「詳細な電源設定の変更」をクリックします。

 

 

「電源オプション」が表示されます。

「USB設定」の「+」をクリックし、USBのセレクティブサスペンドの設定」の「+」をクリックします。

 

 

「バッテリ駆動」欄から「有効」部分をクリックし、表示された一覧から「無効」をクリックします。

※ バッテリ駆動時のみUSB機器の電源を自動的に切りたい場合は、次の手順もおこないます。

 

 

「電源に接続」欄から「有効」をクリックし、表示された一覧から「無効」をクリックして、「OK」をクリックします。

 

 

★補足★

USB外付けハードディスクを使用している場合は、「ハードディスク」の「+」をクリックし、「次の時間が経過後ハードディスクの電源を切る」の「+」をクリックして、「バッテリ駆動」欄および「電源に接続」欄の値を「0」に設定します。

※ 電源状態ごとに設定を別にしたい場合は、それぞれ任意に設定します。

 

 

以上で操作完了です。

一定時間が経過してもUSB機器の電源が自動的に切れないことを確認してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コムロード プレミアムセール会場はこちら コムロード プレミアムセール会場はこちら
アプライドネット プレミアムセール会場はこちら アプライドネット プレミアムセール会場はこちら
PAGE TOP